法の関与がある離婚

すんなり離婚できない時など

調停離婚前に準備すること

離婚は夫婦であった二人にとって重要な決断でもあります。二人の話し合いで最もよい道を決めることができればよいのですが、離婚の話が出てくるという事は二人の間に考え方の大きな差があることが多いものです。その状態で二人だけの話し合いをしていても、なかなかまとまらないという事もあるでしょう。話し合い自体が成立しないこともあります。そのため、裁判所で調停委員などの手助けを得ながら話し合いをしていくのが調停離婚です。そこで決められたことは調書に残すことができ、調書は後で金銭的な請求をする際に判決と同様に使うことができます。
基本的には話し合いなので、裁判のように周到な準備は必要ありませんが、相手が離婚に納得していない時などは、離婚が必要である根拠を示し、調停委員を納得させることが必要になります。そのために使える証拠などは調停離婚前にまとめておくとよいでしょう。また、自分の考え方を伝えることが苦手な人は前もって考えを書面に記しておくというのも良い方法です。相手に何を求めるか、離婚以外に慰謝料や親権、養育費などの希望について具体的にまとめておくと要求をはっきり伝えることができ、良い結果につながりやすくなります。

コメントを受け付けておりません。